TOP  ›  シューコー社について

SCHUCO

photo

本社をドイツ・ビューレフェルトに置くシューコー インターナショナル KGは、1951年創業。現在では約5,000人の社員と世界中に12,000以上のパートナーを持つ世界最高峰のサッシのシステムメーカーです。日本には約38年前に初上陸を果たし、ドリーキップフェンスター(内開き・内倒し)兼用窓は、日本の建築業界に衝撃を与えました。その他、大型引き戸のヘーベーシーベフェンスターや大型の横軸回転窓のシュビングフェンスターなどはその高い品質を認められ国内でも数多くの実績を残して来ております。現在ではアルミよりも高い断熱性能を持つPVCサッシに注力しさらに高性能樹脂サッシとして進化を継続しております。 現在ではヨーロッパの大手ケミカルメーカーがPVCサッシの型材を製造・販売しておりますが、シューコー社の特記すべき点は、型材だけでなく一つ一つ全ての金具開発まで自社で行ない、全ての金具にブランド名を刻み、窓としてのシステムを構築しております。このシューコーシステムによって製作された窓は必ず皆様のお役に立てることをお約束いたします。

SCHUCO 本社・テクニカルセンター

Schuco SYSTEM in JAPAN

▲PAGETOP