TOP  ›  高性能樹脂サッシ

製品情報

高性能樹脂サッシ ウッドデッキ&ウッドルーバー 木製防火扉
高性能樹脂サッシ

本物だけが持つ確かな性能が、
更に進化しました。
シューコー社の高性能樹脂サッシをご覧ください。

外気や騒音に悩まされることのない上質な室内空間をつくるには、まず、高い性能を持った本物を選ぶことが重要です。 ヨーロッパで生まれた内開き・内倒し兼用窓であるドリーキップサッシ。その中でも世界最高峰のシューコー社が開発したCT70は、枠見込みを70mmとし型材内のホロウを5層構造にすることでさらに断熱性能が向上。その驚くべき数値は1.3W/m²Kを実現しました。過去十数年で多くの実績と信頼をいただいたAS60タイプから進化したCorona CT 70/S 74。世界が認めるシューコー社の製品は、あなたの選択によって末永い快適性を約束してくれます。

※日本仕様の製品は本社前橋工場で製造しています。

ニーズに対応

理想の窓を実現するためにさまざまなニーズに対応しています。もちろん、どのようなタイプの窓になっても、その高い性能は約束されています。快適を妨げる外的要因をしっかりと遮断します。

ニーズに対応
カラーバリエーション

外観デザインへのこだわりにも対応する豊富なカラーバリエーション。建物の価値とオーナーの満足を高めます。

カラーバリエーション
Corona CT 70 DK・KD
ヨーロッパ生まれのドリーキップフェンスター。高断熱・高気密サッシとして日本国内でも多くの実績を持つサッシが更に進化したCT70。内開き・内倒し兼用タイプです。

Corona S 74
引き違いタイプでありながら高断熱・高気密を実現。日本でスタンダードなスライド窓に対しても、高い能力を求めるなら、シューコー社のS74をお選びください。
Schuco - VarioTech

世界最高峰の技術を誇るシステムメーカーであるシューコー社だけのオリジナルシステム金具。特筆すべきはどんなに小さな金具でも、すべての金具にシューコー社のロゴが刻印されていること。型材のみならず小さな部品の一つまで、こだわりと自信を持ってご提供いたします。

複層ガラス入 硬質塩化ビニル樹脂製窓

高い性能が実証された防火戸が、
先進の安心と安全をご提供します。

各建材に防耐火性能の正当性能が求められている中、
平成22年以降は厳格な試験方法が義務付けされております。
この度、弊社ライリイ・コーポレーションにて
製造・販売をしておりますシューコーシステム樹脂サッシにて、
その厳格な防耐火試験に合格し防火認定を取得いたしました。

ライリイ・コーポレーションのシューコーシステム樹脂サッシ防火認定内容の特徴

  • 防火設備 EB認定品は、室内外の両面を各々1体づつ加熱された場合においても火炎が非加熱面へ20分間以内で 出火する事はございません。(建築基準法で定める性能を満たしております)
  • 外部側を網入りガラス+エアー層+耐熱強化ガラスの組む合わせの複層ガラスを採用し、断熱性能を保持させました。万一火災の場合でも、火炎がガラスを貫通しての延焼を防ぐと同時にガラスの破損・飛散での事故を防ぐ点にも配慮しており、避難路を確保し易く出来ます。
    高い断熱性能のサッシの為、避難路等の非加熱側への輻射熱を最小限に抑える事が出来、避難者や救助者の行動にも役立ち尊い人命と財産を守る為の安心と安全を提供できる仕様としております。
    (耐熱強化ガラスは、強化ガラスの中でも最高の耐熱強度があり、その強度はフロートガラスの6倍です)
  • 更に断熱性能を向上させたい場合や遮音性能の向上を図る場合は、アルゴンガス・クリプトンガス入り複層ガラスの使用も可能です。
  • 全ての建築物の様々な工法に対応する為、試験体としてはもっとも不利とされる木軸構造の試験体壁で、燃焼熱量が大きくなるとされる木製額縁を室内側に取り付けてた窓にて試験を実施致しましたので、RCの湿式工法はもちろん、S造の乾式工法・木造等のあらゆる工法に幅広く対応する事が可能です。
    (RCの湿式工法で受験した場合の認定では、S造・木造等に乾式工法での施工は認定外とされております。又、耐火壁等の納めの場合木製額縁の取り付けに制限を受けるとされております。)
  • カラー品のニーズに対応する為、カラーシート貼りの型材にて試験体を製作し試験を実施致しましたので、様々なカラー仕上げも防火設備として認定されております。
    (原色の型材で受験した場合の認定では、シート貼り及び着色品は認定外とされております)
  • ドリー・キップフェンスター(内開き・内倒し兼用窓)、引違い窓は防火試験上では型材の断面欠損が大きくなる為大変不利とされている内外ハンドルを試験体に装着し試験を実施しておりますので内外ハンドル装着の場合も防火設備として認定されております。
    (室内ハンドルのみ装着での認定品に外部ハンドルを装着した場合は認定外とされております)

樹脂サッシ最大の特徴である断熱性能を最大限に保持する為、
非防火品に対しステンレス・スチール・アルミ等の金属での補強を最小限に抑制しております。
(防火仕様として金属で火炎に対する補強をした場合、型材の断熱性能が落ちるとされております)

性能評価〈遮炎試験状況〉

Corona CT70シリーズは防火設備認定試験に合格。

防火性とは建築物の火災に対する安全性のレベルを表す性能です。建築基準法、建築基準法施行令、建設省告示等で詳細に規制されています。中でも耐火建築物、準耐火建築物や防火地域または準防火地域にある建築物の外壁で、延焼のおそれのある部分の開口部については、炎を遮り延焼を防止するために「防火設備」(防火戸)の使用が義務づけられています。コロナ CT70シリーズは、万一の火災時でも延焼のおそれを防止できます。

耐火標準加熱温度曲線

防火設備認定について

防火設備認定窓とは

建築基準法第68条の26第1項(同法第88条第1項において準用する場合を含む。)の規定に基づき、 同法第2条第九号の二ロ及び同法施行令第109条の2(20分間の遮炎性能を有する防火設備)の規定に適合するものであること。

認定証

認定機種一覧

ドリーキップ窓 FIX窓 引違い窓
認定番号
EB-0559
認定番号
EB-0561
認定番号
EB-0593
複層ガラス入硬質塩化ビニル樹脂製内開き・内倒し窓 複層ガラス入硬質塩化ビニル樹脂製はめ殺し窓 複層ガラス入硬質塩化ビニル樹脂製引違い窓
*防火設備として認定品採用の際は国土交通省からの運用厳格化指導通達もあり認定内容がデザイン・施工方法等と整合性の検証が必要とされる場合がございます。防火設備に対する不明点・詳細はお問い合わせ下さい。
CT 70 内開き内倒し窓(DK) 内倒し内開き窓(KD)
認定番号 EB-0559
内開き内倒し窓(DK) 内倒し内開き窓(KD)の図
DK・KD窓 複層ガラス厚 (25.3〜36mm)
外部ガラス 空気層 内部ガラス
網入り磨き
(菱またはクロス)
6.8・10mm
乾燥空気(アルゴン,クリプトンガス可)12〜16mm 12〜16mm
6.5・8・
10・12mm
CT 70 はめ殺し窓
認定番号 EB-0561
FIX窓の図
FIX窓 複層ガラス厚 (25.3〜32mm)
外部ガラス 空気層 内部ガラス
網入り磨き
(菱またはクロス)
6.8・10mm
乾燥空気(アルゴン, クリプトンガス可)12〜16mm 耐熱強化
6.5・8・
10・12mm
S 74 引違い窓
認定番号 EB-0593
引違い窓の図
引き違い窓 複層ガラス厚 (17.8〜22.5mm)
外部ガラス 空気層 内部ガラス
網入り磨き
(菱またはクロス)
6.8・10mm
乾燥空気(アルゴン, クリプトンガス可)6〜10mm 耐熱強化
5・6.5・8mm
グラスファサードグラスファサード
SG50N
各ガラスユニットをストラクチャルシールにより支持しておりアルミフレームが外部から見えません。
photo
グラスファサードグラスファサード
FW50SG
ガラスをSSGにて固定しておりアルミフレームが外部から見えずスマートな意匠を可能にしております。
高性能樹脂サッシ

高性能樹脂サッシ

いずれも高断熱・遮音性能を求められたプロジェクトです。

ヘーベーシーベ(大型引き戸)
ヘーベーシーベ(大型引き戸)
FIX窓+ドア
FIX窓+ドア
二連ドリーキップ窓
二連ドリーキップ窓
FIX窓+ドリーキップ窓
FIX窓+ドリーキップ窓